反騰・反落(はんとう・はんらく)

下落していた相場が逆に高くなること。

また、相場が上がった反動として下がることを「反落」という。

半値押し、半値戻し

上昇した相場が、上昇した分の約半分下落することを「半値押し」といい、

反対に下落した相場が下落した半分だけ上昇することを「半値戻し」という。

日計り商い(ひばかりあきない)

同日内に新規建玉し、反対売買で決済し取引を終了すること。

デイトレードのこと。

ビッドレート

外国為替レート(相場)は、市場では買いのレートと売りのレートが、
このように(→105.20-22)対となって動きます。

105円20銭でドルを買う、この価格をビッドレート(買値)と言います。

ピボット・レート

外国為替相場では、その基準となる相場をピボット(基軸)・レートまたはセントラル(中心)・レートという。

各国が通貨の金平価をいじらないで、
新しい対米基準相場を決めることを指します。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタル分析とは、経済成長率、インフレ率、貿易収支などで表される経済的要因の事です。

このような経済的要因の分析を通じて、為替レートの方向を探る方法です。

踏み

売り玉を損して買い戻すこと。

投げの反対

ブルとベア

bull(雄牛=強気)とbear(熊=弱気)は、
市場でよく使われる言葉です。

買い気(ブル)、売り気(ベア)という意味合いもあります。


外国為替取引(FX)はこうして稼ぐ―リスクを最低限に抑えながら、利益を最大化するための売買テクニック
小竹 貫示 持田 有紀子
アスカエフプロダクツ (2005/10)
おすすめ度の平均: 3
3 意外にいいけど・・・




プレミアム

打歩のこと。先物相場の表示(建て方)の一種類である。

プレミアムは先物相場が直物相場に対して、
外貨高になっているときのことをいう。

英語:Premium.

平穏

相場の波乱がなく穏やかなこと。

ベースマネー

日本銀行が供給する通貨のこと。

信用創造の元となる金融手段であり、
具体的には市中に出回る現金と日銀の当座預金の合計額。

日銀が供給するベースマネーが増えると、
それを原資とする貸し出しが増えると考えられる。

マネタリーベース、ハイパワードマネーともいう。

ヘッジ

ある取引から生じるリスクに対して、

逆サイドのリスクを持つ取引を行うことによって、

リスクを回避する手法のこと。

変動為替相場制

変動為替相場制とは、固定為替相場による常例の相場制をやめ、その相場を為替市場の成行き(需給)にまかせる相場制をいいます。



山本有花のFXで儲けたい!
山本 有花
ダイヤモンド社 (2005/08/05)
売り上げランキング: 8,339
おすすめ度の平均: 3
3 入門書や興味のある人にはよいかも
3 FX入門書
4 いいと思います



ヘッジファンド

ヘッジファンドとは、金融派生商品を活用して、相場の変動から利益を出す事を目的としている大型ファンド。

個人の大資産家や機関投資家など、少数の大口投資家が多額の資金を出資して、専門家が運用するのが通例。

投資対象は、株、債券、為替、国債商品、不動産など。




90分でマスター ネットではじめる為替取引 決定版!〜株よりカンタン! 外貨預金より断然おトク!!〜
シーエーキャピタル
日経BP出版センター (2005/06/16)
売り上げランキング: 955
おすすめ度の平均: 4.43
2 バイアスが大きい
5 分かりやすい!!
5 分かりやすいです!




棒上げ

相場が一本調子に上昇すること。

もしくは急激に大幅に上伸すること。

暴騰・暴落(ぼうとう・ぼうらく)

相場が一度に大幅に上がることを「暴騰」といい、高騰よりその上がり方が更に激しいです。

反対に一挙に大幅に下がることを「暴落」といいいます。




生まれてはじめての「ニコニコ」外貨投資「FX」
山根 亜希子
明日香出版社 (2005/10)
おすすめ度の平均: 1.8
4 FXが少しわかってきた方が読まれたらいいと思います
2 FX入門用
1 いけてない






続きを読む

ポケット外貨

少額ずつ定期的に外貨を買い付けながら、

FXでハイリターンを狙うというしくみのサービスです。

ポジショントーク

一度ポジションを持つと、自分のポジションに有利なように相場を見る傾向が出る。

自分では市場を客観的に見ているつもりでも、
自分のポジションを通して見てしまいがちになり、
これが高じれば、不利な材料は見ないようになる

ポジションのキャリー

金利の高いほうの通貨の買い持ちポジション(直物)を
翌日に持ち越す(キャリー)ときに、
直物を売ってその翌日物を買うスポットネクストのスワップをする。

そのときに金利差分のポイントを取れ、
その分、買い持ちポジションの持ち値が下がる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。