玄人(くろうと)

取引所の会員または多年相場の経験がある老練な投機家のことで、

これらを総称して「玄人筋」という。



億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術
メアリー バフェット デビッド クラーク Mary Buffett David Clark 井手 正介 中熊 靖和
日本経済新聞社 (2002/05)
売り上げランキング: 177
おすすめ度の平均: 4.75
5 「基礎」という褒め言葉が当てはまる
4 ちゃんと使えている人がどの程度いるのでしょうか?
5 使うべし。読まないのは投資家として論外。

続きを読む

クロス取引

クロス取引とは、ドルを介さない為替取引のことで、

EURクロスといえば、EURを中心とした取引、

円クロスと言えば円を中心とした取引を意味している。

記述は、EUR/JPY, EUR/GBPとなります。



外国為替トレード 勝利の方程式
今井 雅人
日本実業出版社 (2005/07/28)
売り上げランキング: 174
おすすめ度の平均: 4.19
5 相場で勝つ人の発想法
5 2割の人になれる。
5 おすすめです

続きを読む

クロスレート

クロスレートとは通貨取引が行なわれている国において、
標準外とされる通貨同士の為替レートの事を言います。

為替市場での主要取引に対し、計算上算出される為替レートを指します。

例えば、ユーロ・ポンド/ドルと円の為替レートを見る場合、
クロスレートでは2つの通貨(ユーロ・ポンドと円)の対ドル相場から算出されます。



為替がわかれば世界がわかる
榊原 英資
文藝春秋 (2005/04)
売り上げランキング: 9,116
おすすめ度の平均: 4.4
4 為替を通じて情報戦の基礎を学ぶ
5 読みやすい文章で,為替の世界の敷居を下げてくれる本
5 第一線で生き抜いてきた者のリアルな言葉

続きを読む

グローバル・ソブリン

高い人気を誇っている円建ての外国投信です。

毎月決算型以外にも、3ヵ月月分配型,1年決算型があります。



誰もがグロ・ソブ(グローバル・ソブリン・オープン)を買う理由
マネージャパン編集部
SSコミュニケーションズ (2003/08)
売り上げランキング: 192,185
おすすめ度の平均: 4.5
4 ファンド・ビギナーにお勧め
5 わかりやすく勉強になります

続きを読む

景気動向指数

景気動向指数とは内閣府が算出・公表している指数。

景気を先取りして動く「先行指数」

景気と並行して動く「一致指数」

景気に遅れて動く「遅行指数」があります。




FXシステムトレード 年率200%儲ける投資術
池田 悟
日本実業出版社 (2006/05/24)

続きを読む

罫線(けいせん)

罫線とは過去の相場の動きをグラフに示したもの。

罫線は別名「チャート」ともいう。



<儲かる!株の教科書>ケイ線・チャートの読み方・使い方
阿部 智沙子
日本実業出版社 (2004/09/25)
売り上げランキング: 4,866
おすすめ度の平均: 4.6
5 株式投資の極意を実に分かりやすい形で提示してくれている入門書
4 チャートの基本はこれ1冊で充分
5 基本を知っておきたい人にお勧め

続きを読む

決済

持っているポジションの反対売買によって、

取引を終了させること。
続きを読む

限定変動相場制

貿易取引にかなりの障害をきたす場合、

より広い変動幅(ワイダー・バンド)を持つ、

日銀介入操作を採っている。

堅調

堅調相場が下落せずにむしろ上昇気味なこと。

軟調の反対
続きを読む

小動き

市場を刺激する大きな材料がなく、

相場が小さな上がり下がりをするだけの状態をいう。
続きを読む

好材料

相場を上昇させる外部要因(原因・事情)のこと。

「強材料」に同じ。
続きを読む

購買力平価説

購買力平価説には問題点があり、実際、短期・中期の為替レートの説明には向いていない。

とはいえ、為替レートの決定理論のなかでは最も引用される考え方で、
現在の為替レートを購買力平価と比べると円高過ぎると、
コメントした日本の財務大臣もいた。

顧客相場

顧客相場の決まり方は、

@銀行間レートに基づいて決める方法。

A一日中一定のレートで顧客に建値される方法。

国際収支

国際収支とは、様々な経済取引で生じた金銭の授受をまとめたものです。

国際収支は、経済収支と資本収支に別けられます。

個別決済方式

銀行間の振替取引に関し、当初はすべて個々の銀行間で受払が行われるのが当り前である。

これが個別決済方式である。

手形交換でさえ、当初は銀行の担当者が、個別に他行を訪問して取立を行っていたのだが、
ロンドンの銀行の担当者がコーヒー店の一隅に会し、相互に取立手形を交換したのが、
今日の手形交換制度(集中決済方式)のそもそもの始まりといわれている。

わが国では、内国為替については昭和18年から集中決済性になったが、
外国為替は世界を通じて今でも個別決済方式である。

国際収支

一国が諸外国との間に行った経済取引にもとづき、
一定期間(通常1年)に生じた貨幣の国際間受払勘定という
(International balance of payment)。

経営収支と資本収支に分けられ、経営収支は貿易収支(物資)と
貿易外収支(サービス)に分けられ、資本収支は長期と短期の
資本勘定収支に分けられる。




続きを読む

小確り(こじっかり)

相場が少し高いことで、「しっかり」というほど高くない場合をいい、

「小高い(こだかい)」とほぼ同じ。

固定為替相場

外国為替相場の変動をまったく認めないか、

または変動の幅を狭く限定した制度に、もとづく為替相場をいいます。

コマーシャル・ペーパー

優良企業が資金調達を行いたいときに、発行される短期の約束手形のこと。

通常は無担保で、償還期限も30日以内と、ごく短期間のことが多いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。