ニクソン・ショック

1971年8月、米国のニクソン大統領が、
ドルと金との交換停止を突然発表。

それまで米国は金1オンス=35ドルで交換していたが、
同年12月にはドルを金に対して切り下げ1オンス=38ドルとした。

各国通貨もドルに対して切り上げて、
新たなレートで一時的に固定相場制が復活した。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。