上がる、下がる

「円が上がる」という場合、一般的には円高(ドルの下落)を意味するが、
外為市場ではドル/円が上がる(ドル高)という意味で使われることが多い。

ドル/円のドルを省いているわけで、為替ディーラーの会話ではこの方が一般的。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。