アービトレイジ

相場の値鞘(ねざや−価格差)を利用して利益を得る取引を「アービトレイジ(裁定取引)」と呼ぶ。

2つの市場間で同一の商品を取引すると、それぞれ価格が異なることがある。

商品が割高になったものを売って、同時に割安なほうを買という取引方法。

理論上は、ノーリスクで利益を得る事が出来るが、
この理論に基づいてレートが建つのは、
規制が無く資本移動が自由に行なわれる市場においてのみである。

同義語:アービトラージ、アービトレージ

英語:arbitrage

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。